ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設をしてみました。

ビットフライヤー(bitFlyer)

公式サイト:ビットフライヤー

今回はメールアドレスでの登録を紹介します。
(Facebook,Yahoo!ID,Googleアカウントでの登録も可能です)

メールアドレスを入力すると、登録したメールアドレスに認証用のパスワードが記載されたメールが届きますのでそちらを登録します。

※メールが届いていない!という場合には迷惑メールフォルダに入っていないかを確認してみてください。

アカウント開設はこれで完了です。早いですね。

取引するのに必要なこと

アカウントの開設はすぐにできますが、仮想通貨の取引を行うには本人証明(法人の場合は法人証明)と銀行口座の登録が必要です。

本人証明に必要なもの

以下のいずれかの書類提出が必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート(日本国が発行する旅券)
  • 個人番号カード(顔の写っていないマイナンバー通知カードは不可)
  • 住民基本台帳カード(顔写真あり)
  • 各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
  • 各種健康保険証(紙型健康保険証)
  • 各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
  • 各種福祉手帳
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

法人で必要なもの

  • 登記事項証明書

各種必要なものを揃えましょう。

管理画面で手続きをチェック

アカウント管理画面を確認するとどの手続が必要か一目でわかるようになっています。

上記の場合、

  • 携帯電話認証は完了
  • 銀行口座情報は承認待ち(提出してビットフライヤー側の確認中)
  • IDセルフィーは未提出(私が提出していない)

といった状態になります。

ちなみにステータスは他にもこんなものがあります。

原則的には赤いものを対応すれば問題なさそうです。
書類に不備がある場合は別途メールが来るのでメールに従って対応しましょう。

(豆知識)ビットフライヤーとコインチェックの比較

ビットフライヤーは日本で一番最初の金融庁認可の仮想通貨販売所です。
2018年年始にNEM盗難問題を起こしたコインチェックは金融庁認可ではなかったので、そこと比較しても安心感はありますね。

またコインチェックの和田晃一良社長は大学からそのまま創業したのに対し、ビットフライヤーの加納裕三社長はゴールドマン・サックス(投資・金融)で働いていたなどの経緯もあり、そのあたりの経験値の差も会社や販売所の運用にも出ているのでは…と個人的には感じています。

(追記)
パスワードの再設定をしようとした際にネット上の手続きだけで完結するのではなく、サポートセンターから本人確認の電話があるなどの仕組みも体験しました。このあたり、セキュリティなどに注力している感じが受け取れます。
参照:ビットフライヤーでパスワード変更しようとしたら電話が来た