ニュースなどでコインのハードフォーク(※)のことは話題になるものの、ソフトフォークを聞いたことがある人は少ないのではないでしょうか。

参照:ハードフォークとは

「ソフトフォーク」とはソフトウェアの仕様変更のこと

ハードフォークと同じく、ソフトフォークは元々システム的な用語です。

ソフトフォークとは、システムの仕様変更に伴う分岐(派生システムの登場)方法のうち、新システムと従来のシステムとの間で互換性を保ったまま分岐させる方法のことである。
ソフトフォークとは – IT用語辞典 Weblio辞書

ハードフォークの項で「ハードフォーク」「ソフトフォーク」の例をスマホに例えてみました。

ハード:iPhoneX,iPhone7,iPhoneSEなど実機
ソフト:iOSなどのソフトウェア

同じiPhoneXを持っていて、ソフトウェアの仕様変更(アップデート)がされてもハード(iPhoneX)は利用することができますよね。

ソフトフォークがあまり話題にならないのは、ソフトがアップデートされても使っているハードそのものは変化せず(もちろん使い勝手が良くなったり、性能が良くなったりするのですが)あまり意識されないからかなと思います。

実際の例

実際に仮想通貨におけるソフトフォークの事例をピックアップします。

モナコイン・ライトコインのSegwit導入

「Segwit」という、ざっくり言うとコインの送金機能をスムーズにする仕組みがあります。
そのSegwitをモナコインとライトコインという通貨がソフトフォークによって導入しました。

モナコイン、ライトコインそのものの機能をアップデートすることによって機能拡張したというわけです。

機能改善などで導入されるのがソフトフォーク

ソフトフォークは身近なところで言うと機能アップデートに近いところがあるのでどちらかというと目立たないところではありますが、今後も積極的に導入されるものと想定されます。

各コインのコミュニティによってアップデートの発表はあるかと思いますが若干ニュース性は薄くなるので耳にすることも少ないのかもしれませんね。