仮想通貨用語と呼んでいいものかどうかちょっとわからないところですがmijin(ミジン)について解説します。

どちらかというと「ブロックチェーンを用いた技術で開発をする」等のものなので投資をする人は特に知らなくても良さそうです。

mijin(ミジン)とは

mijin(ミジン)とはテックビューロ株式会社が提供するプライベートブロックチェーン環境のこと。

例えば自分の会社内で「ブロックチェーンの技術を使用して何かしたい」といった時に、一から環境構築をするのはサーバー代などかなりのコストが掛かります。
そうした最初の環境を一式準備します、というのがmijinです。

説明動画

商品の公式動画です。

サザエさんのアナゴさん、ドラゴンボールのセル役をやっている若本規夫さんが声を当てています。
1回目はこの声にやられてしまって内容が頭に入ってきませんでしたw

mijinの目標は?

公式サイトでロードマップを公開しています。


(参照:mijinについて | mijin

こちらのロードマップによると2018年Q4(第4四半期)に「金融機関のインフラコストを1/10にすること」と明記されています。

我々のミッションは、2018年までに金融機関のインフラコストを1/10未満にまで削減することです

主に「金融機関に導入してもらって」という流れのようですね。

インフラとして導入すれば継続的に利用してもらうことになりますし、その結果、テックビューロが儲かるという仕組みになります。
仮想通貨技術がこれから浸透するという時にこうしたインフラ周りを作ってサービス提供するのは見ていて頭がいいなあと感じますね。

テックビューロはICOのための周辺サービスCOMSAも作っており、このあたりのビジネスの組み立て方は見ていて唸るものがあります。