最近目にすることの多くなってきたICO。

仮想通貨の世界とも密接に関わっていますが一体どんなものなのかをできるだけ平易にわかりやすく説明します。

ICOとは

まずICOとはInitial Coin Offeringの略で各々の頭文字を取って「ICO」です。
直訳すると「最初のコイン提供」となりますが、これだとよく分かりませんね。

ざっくりと言うと個人や企業などが独自の通貨(トークン)を発行して、自分のプロジェクトを遂行するために資金調達をすることです。
参照:トークンとは。仮想通貨との違いもわかりやすく。

IPOやクラウドファンディングとの違い

これまで資金調達というとIPOやクラウドファンディングなどの方法がありました。
ICOはそれらとは何が違うのかを解説します。

はじめに簡単なIPOとクラウドファンディングの説明を。

IPO

IPOとはInitial Public Offeringの略で「株式公開」の意味です。

会社が上場して株式を公開して投資家がそれを購入、売買益を得るという仕組みです。

クラウドファンディング

企業や個人が「こんなことをしたいから支援してください」と一般公募するものです。

一般的には支援金が集まったら支援してくれた人のお金に応じてリターンがあります。

(プラットフォームとしてはCAMPFIRE‎やMakuakeなどが代表的です)

ICOとIPOやクラウドファンディングとの違い

ICOがIPOやクラウドファンディングと大きく異なる点としては、IPO・クラウドファンディングが日本円などの既存通貨で行われるのに対し、ICOでは独自の通貨(トークン)を発行する点です。

これだけだと伝わりにくい点もあるので、実際に名古屋の飲食店でICOした「サンタルヌー」さんの事例を取り上げます。
サンタルヌーさんは東京進出(移転)のためにICOを行いました。トークンはSAT。

このSAT特典としては次のようなもの。

本ICOで発行されるトークン「SAT」(Sant Arnould Tokyo)は、店舗での会計時に1SAT=1円換算で使用できるほか、トークンでのみ購入可能なグッズの購入に利用できる。また、SATの保有者には特典として、5,000SAT以上保有するとプレオープンイベントへ招待される。さらに50,000SAT以上保有すると支払い時に5%割引、10万SAT以上保有することで代金の10%割引される予定だ。将来的に、一定以上のSAT保有者のみ参加可能なイベントも企画予定であるとのことだ。
名古屋サンタルヌー、飲食店による世界初のICOに挑む | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

独自の通貨(ここでいうとSAT)がその発行者(ここでいうとサンタルヌーさん)の元で使えることはもちろん、トークンの価値が上がれば割安に商品が入手することができます。

例えば上記事例では会計時に1SAT=1円換算とされていますが、これが1SAT=5円換算になった場合に今までの1/5でお買い物ができるということですね。
(もちろん値下がりした場合にはその逆もあります)

メリットやデメリット

ここまでICOのお得感だけ記載していましたが、メリットとデメリットを一度きちんとまとめておきましょう。

メリット

  • 通貨(トークン)の価値が上がれば、その発行者のサービスを割安に受けることができる
  • 通貨(トークン)の価値が上がれば、売ることで売買益を獲得することができる
  • (株式上場やクラウドファンディングと比較すると)投資者に配当する義務がない
  • (株式上場と比較すると)個人でも可能
  • 投資する側としては少額投資も可能

メリットは投資をする側も受ける側も従来の方法にはないお手軽感がある、といったところでしょうか。

デメリット

  • 通貨(トークン)の価値が下がると、提供されるサービスも割高になる
  • 通貨(トークン)の価値が下がると、損をする(これは通常の投資と同じですね)
  • 投資者に配当する義務がないため、何も得られないまま終了してしまうことがある
  • 場合によっては詐欺ICOの可能性もある

デメリットの面では通常の投資と同じ考えで「損をする可能性もある」ということです。

また、特に注意しなくてはいけない点としては「詐欺ICOがある」ということでしょう。
株式上場と異なり、審査が厳重なわけでもなく、法整備もまだ整っていないため、プロジェクトに実態がなく実際にお金だけ取られてしまう詐欺ICOが存在しているのもまた事実です。

原則的には資金調達をして何をするかというのを示した「ホワイトペーパー」というものがありますので、じっくりと読んで自己責任で投資をするかどうかを見極めましょう。