アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことを指します。
別称・オルトコイン。英語表記では「alternative coin」と言います。

ビットコインとは別項「ビットコインとは」で解説した通り、仮想通貨の種類の一つです。
(ここを間違えると全体像が理解しにくいので覚えておきましょう)

代表的な仮想通貨の一覧。

一番左にあるのがビットコイン。
ビットコイン以外の仮想通貨(ビットコインより右側にあるもの)がアルトコインです。
後述しますが上記以外にもアルトコインはたくさんあります。

なぜアルトコインができたのか

理由は至ってシンプル。

ビットコインがどんどん普及していくに連れてビットコインの価値が上昇しすぎたことです。

ビットコイン1種類のみだと、仮想通貨市場に参入する人が多くなればなるほど入手が困難になってくる(≒ビットコインの価値が上昇してくる)のは理解しやすいと思います。
そこで代替のコイン(alternative coin/アルトコイン)を新たに作ることにより新たな市場を生み出そう、となったところが始まりです。

仕組みそのものはビットコインの仕組みを流用したものが多いためアルトコインだからといって何かしらシステムの不備があるということはありません。

また2018年1月現在アルトコインの種類は1,100種類以上あると言われています。
(参考:https://bitflyer.jp/ja-jp/glossary/altcoin

アルトコインを持つメリット

アルトコインを持つメリットは「将来伸びしろのあるコインを安く手に入れられる」という点でしょう。

例えば2018年1月現在、ビットコインの価値は1ビットコイン200万円近くになっています。
ビットコインは1ビットコイン以下(0.1ビットコインや0.01ビットコインなど)で購入することができるもののやはり初心者にとってはちょっとハードルが高いですし、果たしてこれ以上どれくらい価値が上がるのか…と懐疑的になってしまう部分もあります。

ですが、アルトコインはまだ1単位あたり(ビットコインと比較すると)廉価なものとなっています。

  • イーサリアム(ETH):14万円前後
  • リップル(XRP):300円前後
  • ネム(XEM):200円前後

例えば手元に5万円あったとしましょう。
ビットコイン(BTC)は0.025購入できますが、ネム(XEM)が200円だった場合、250購入することができます。
値上がりの仕方次第なのでどちらがいいとは一概に言えないものの、まだ単位あたり200円のネムの方がこれから値上がりしそうな気がしますよね。

このコインの青田買いこそがアルトコインの魅力の一つです。

またアルトコインの中でも価格の低いものを「草コイン」などと呼んだりします。
草コインに投資することでハイリターンを狙う「草コイン投資」という手法もあったりしますが、それはまた別の項目で。

アルトコインの注意点

大手の銘柄であれば危険性は少ないですが、前述の通り、世の中に出回っているアルトコインだけでも1,100種類以上あります。
安く入手できるものの実態の伴わない詐欺コインだったというようなこともあります。

初心者はまずアルトコインの中でも有名な銘柄を無理のない範囲で購入するのがいいでしょう。

ちなみに仮想通貨の時価総額ランキングはCoinMarketCapのサイトで公開されています。


https://coinmarketcap.com/

基本的に日本国内の販売所では有名な銘柄を中心に扱っているので、はじめのうちにここまで細かく見る必要はないかと思いますが、念のためどんな銘柄があるのかを確認しておくことをおすすめします。